トップページ メタボとは? メタボの基礎知識 ストレスとメタボ メタボと体重


 




  肥満と脂肪

注意したい生活習慣病

メタボになったら

メタボ検診

リンク

当サイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

 

メタボ検診

メタボ検診という言葉聴いたことありますか?メタボ検診とは、2008年4月から実施される特定健康検査、及び、特定保健指導のことを言います。主に、メタボリックシンドロームや生活習慣病といったような、あまり積極的に治療をしない人が多い病気に関する検診を行い、改善するために指導を行うというものです。

メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村、企業の健康保険組合などにおいて採用が義務ずけられているようです。40〜74歳の健康保険加入者は、必ず受ける必要があるとされています。

検査項目は胸囲・血圧・血糖値・コレステロール値です。各々について、基準値を上回った場合に、指導が与えられることになっています。つまり、メタボ検診とは、これまでの健康診断よりも、さらに1歩踏み込んだ形で行われる検診であると言えます。

ここ十数年日本では、食事の欧米化、あるいは運動不足の若者が目に見えて増加しているという状況から、肥満体質、または隠れ肥満の人が、急激に増えてきているようです。肥満は、健康とは対極にある状態です。

そして、生活習慣病の元になるとされています。それを、軽度の状態で発見し予防すること、または、早期に治療を開始できるようにすることが、この検診を義務化することの目的とされています。

でも、体型は個性です。人それぞれなのでそれに国が口を出すことはおかしいという意見も少なくないようです。実際はそのとおりだと思います。生活習慣病対策とは言っても、個人の体系に関して国が管理するような状況は、まるで国民をロボットかなにかのように扱っているのではないかという意見もあるようです。

とは言っても、誰かから厳重に注意されなければ、いつまでたっても、体質改善が出来ず、不健康な生活を続ける人も多いことも事実なのです。ある意味、国が憎まれ役を勝手出たようなものでもあると言えます。

メタボ検診は、忙しい毎日の中でなかなか自分の体について真剣に考えることのない私たちが、健康とは何か、体型とは何か、管理とは一体何なのかを考える、いい機会になることでしょう。

メタボ検診のメリット

メタボ健診で国民が得られるメリットは、自分でも気が付いていなかったメタボリックシンドロームや生活習慣病の予兆に気が付くことができるという点が、まず挙げられます。

血糖値やコレステロール値などは、普段、会社勤めをしているサラリーマンなどにとって、滅多にお目にかかれる数値ではありません。なので、こうした検査機会が設けられるのは、メリットであると言えます。

メタボ検診のデメリット

メタボ健診自体は、決してネガティブなものではないため、それほど時間や料金が掛かる訳でもなく、深刻な病気に発展する前に食い止めることができるので、デメリットよりは、当然、メリットの方が多いでしょう。しかし、問題は、それを義務化することにあります。

メタボ健診を義務化したことで、国民は、ほぼ確実に何らかの形で、消費をすることになります。それは、健診料、指導を受けた際の治療費、それらに付随する交通費などの諸費用といったところです。この負担を強いられることに、いまいち納得ができないという人は、少なくないようです。

メタボ健診の義務化で発生するデメリットは、他にもあります。それは、環境の整備です。現在の医療体制では、全国各地どの医療機関でも、メタボ健診が行えるという訳にはいきません。

そのため、早急な環境整備が必要とされています。このことにも、相当な費用が掛かります。恐らく、実施されれば、これ以上に、デメリットと呼ばれるものも増えていくでしょう。今後、政府や医療機関が、それに対して、どのような対処を行っていくのか、その動向に注目が集まることは、間違いないと言えるでしょう。

recommend

ライブドア
http://www.livedoor.com/
天然石の卸売り
http://www.purestone.jp/

2014/10/30 更新