トップページ メタボとは? メタボの基礎知識 ストレスとメタボ メタボと体重


 




  肥満と脂肪

注意したい生活習慣病

メタボになったら

メタボ検診

リンク

当サイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

 

メタボになったら

メタボリックシンドロームがどんなものなのか、お分かりになりましたか?気軽にメタボと読んでいますが、生活習慣病を併発し、動脈硬化や高血圧、糖尿病を起こしていては命を縮めることにもなりかねません。

これまでどおりの生活を続けている限り、メタボリックシンドロームは改善されないため、もう一度自分の生活を見直す必要があります。

メタボリックシンドロームは大人だけではないッ!?

メタボリックシンドロームはどんな人がなりやすいのでしょう。

メタボリックシンドロームの言葉だけを聞いていると、なんとなく想像だけで、中高年のかかる生活習慣病のような印象を受けますよね。でも、大人だけではなく、年齢に関係なく子供にもみられるものって知っていました?

内臓に脂肪を蓄えていて乱れた生活をしていれば、誰でもなる可能性を秘めています。メタボリックシンドロームになると、様々な努力をしなければいけません。自分の健康は自分で守る! 子供の健康は親が守る! そういう意識を持って取り組んでいかなければいけません。

メタボ・大人の基準・子供の基準

大人にもメタボの基準があるように、子供にもメタボの基準があります。子供は丸々していて健康的なのがいい、大人も痩せすぎているよりもある程度ふくよかな方が良い、などと暢気にしていませんか?

見かけはそんなに肥満気味でなくても、隠れた内臓脂肪がついているかもしれません。食生活や運動、ストレスに気をつけて生活するのが大切でしょう。

メタボと多い組み合わせの生活習慣病

メタボは生活習慣病と合わせておこると言われています。その中でも最も多いのが高血圧との組み合わせです。メタボと診断されたら、まず血圧をコントロールしなければいけません。高血圧にならないような塩分を控えた食生活をしましょう。

これにより、むくみなどがあれば改善される事でしょう。ストレスも早めに解消するようにして、ダイエットにも取り組みましょう。なるべく血圧をあげないような生活をし、動脈硬化が進まないよう努力が必要でしょう。

血液をさらさらに

メタボを放っておくと、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす大きな原因にもなります。血液をサラサラにすることも大事です。脂っこい物を避けた食生活を心がけるようにしましょう。

血液をサラサラにしてくれる作用のある食べ物も沢山あります。サプリメントに頼るのではなく、なるべく食べ物で改善するようにしましょう!

ストレスが招くメタボと生活習慣病

私たちが普段ストレスとして感じているのは、精神的や肉体的に外部から受ける刺激に対する防衛本能の作用のことです。

適度なストレスは体にも精神的にも良い刺激になることがありますが、自分の体や精神の許容範囲異常のストレスを感じることで、自律神経とそこから分泌されるホルモンのバランスが崩れてしまいます。

特に現代社会では精神的なストレスを受けることが多く、崩れた状態のホルモンバランスでは血液中のコレステロール値や中性脂肪、血圧を上手くコントロールすることが出来なくなっなります。

また、精神的なストレスは、消化器の働きを悪くしてしまうことも多いのですが、ストレスを感じたとき食べることでストレスを発散する人が多く、さらに血液中の脂質や糖質の割合が増えてしまうことに繋がってしまいます。

こういった悪循環はメタボリックシンドロームの大きな要因である中性脂肪を増加させるだけでなく、メタボリックシンドロームの要因である高血圧や高脂血症などといった生活習慣病にもなりやすい状態になってしまうようです。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2014/10/30