トップページ メタボとは? メタボの基礎知識 ストレスとメタボ メタボと体重


 




  肥満と脂肪

注意したい生活習慣病

メタボになったら

メタボ検診

リンク

当サイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

 

メタボとは?

メタボリックシンドロームという言葉耳にしたことありませんか?ちょっと太めの人に対して言ったり聞いたりすることがありますよね。でも、メタボリックシンドロームという言葉からはどんな状態を表すのか、また何が原因なのかなど、知らない人からするとちょっと分かりにくいことかもしれません。

日本人が特に気を付けた方がいいと言われている生活習慣病や、私達の日常生活が大きな原因の一つとなることもあるといわれているメタボリックシンドロームとはいったいどんなものなのでしょう。

メタボリックシンドロームの原因

一つじゃないメタボの原因

知っている人もいるかも知れませんが、メタボリックシンドロームとは一つの病気の名前ではありません。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が溜まることによって、「高血圧」「高血糖」「高脂血症」は体質でもなりやすい人・なりにくい人がいますが、日常への中の生活習慣の問題点から生まれるものが多くあります。

こういったメタボの原因は、一つだけ持っているということがほとんどなく内臓脂肪を中心として全ての原因が繋がっていると考えられています。

問題点が増えると原因が増える

メタボリックシンドロームになる原因は一つではありませんが、この原因を作り出すのも一つではありません。

現代社会の問題点としても取り上げられることの多い、食事の偏りや、生活リズムの乱れ、ストレス、運動不足などどれも私たちの身近にある生活の中の問題点ばかりです。
この問題点が増えれば増えるほど、メタボリック症候群になりやすく、なった後も改善が難しくなってしまうようです。

メタボリックの危険度の高い生活習慣病や合併症を引き起こす割合がどんどん高くなります。しかも、これらはどれも自分では気が付きにくいものばかりのようです。

メタボの原因が重なってしまうと・・・。

メタボリックシンドロームの原因となっている「内臓脂肪」「高血圧」「高血糖」「高脂血症」は、健康診断などでも数値を知ることが出来ます。健康診断でこれらの数値がちょっと高めだと判断されたことある人いませんか?

ちょっと高いだけだから・・と安心してはいけませんよ!ちょっと高めだという状態は、メタボリックシンドローム予備軍とも言われています。このちょっと高めの原因が2つ以上ある場合、1つの原因が重い状態よりもずっと大きな危険因子を持っていることになってしまいます。

たとえば、高血糖は数値が高くなると「糖尿病」と呼ばれる生活習慣病と判断されます。糖尿病だけど、内臓脂肪も少なく、血糖値もコレステロール値も低いという人より、ちょっと内臓脂肪が多くてちょっと高血圧でコレステロール値が高め、というほうが心筋梗塞や脳塞といった危険な合併症になる可能性が高いということなのです。

注目サイト

2014/10/30 更新