トップページ メタボとは? メタボの基礎知識 ストレスとメタボ メタボと体重


 




  肥満と脂肪

注意したい生活習慣病

メタボになったら

メタボ検診

リンク

当サイトはリンクフリーです。
ご自由にリンクをお貼り下さいバナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

 

メタボと体重

メタボと体重体重を気にしている人は多いと思いますが、メタボリックシンドロームが内臓に溜った内臓脂肪と関係があるの知っていましたか?メタボリックシンドロームやそこから繋がる生活習慣病の予防や対策には生活習慣の改善の他に、まず自分の体について正しく知ることが大切です。

日頃から体重計などで体重を計測している人もいることでしょう。自分にあった適正体重や見た目では分かりにくい脂肪についても把握しておくようにするとメタボリックシンドロームの予防や対策にも効果的です。

メタボリックシンドロームと肥満

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪型肥満症候群」とも呼ばれているようです。
内蔵に中性脂肪が溜まっているタイプの肥満状態で、それに伴う生活習慣病の要因を合わせもっている人がメタボリックシンドロームと認識されています。

そのため、自分がメタボリックシンドロームなのかどうかを簡単に知ることが出来るのは体重とおなか周りのサイズで分かります。

一般的に肥満には、内臓脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」と皮膚の下に脂肪が溜まる「皮下脂肪型肥満」の人がいますが、体内に影響をあたえ生活習慣病を引き起こすのは内臓の中性脂肪のようです。

そのため、メタボリックシンドロームの予防と対策を試みるときに重要なのは、自分の体重と適正体重の差やBMIと呼ばれる肥満度を計測する計算式を利用するといった方法が取られるようです。

また、家庭用の体重計に脂肪率を計測する機能が付いているものもあるようです。この体脂肪計を利用するのも目安の一つになりますが、これだけでは皮下脂肪と内臓脂肪を分けて知ることは出来ないので、BMIやウエスト周りのサイズを測ることも同時に行うことがおすすめでしょう。

メタボリックシンドロームとBMI

BMIは体の中の体脂肪がどのくらい蓄積しているかを知るための目安にすることが出来るもので、「BMI」は「ボディ・マス・インデックス」の略で世界的な基準が設けられているようです。

でも、日本のBMI基準はWHOの定めた世界基準とは若干違ってきます。それは、私たち日本人の体質が他の国に比べて脂肪を溜め込みやすいということや、世界基準の標準値でも多くの日本人が生活習慣病を発症しているという研究結果から、日本人に適した独自BMI指数基準が作られているようです。

BMIの計算式

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
BMIを計算する時は自分の体重と身長を測定する必要があるようです。身長は健康診断などの機会がないとなかなか測定するチャンスがないかもしれません。最近は病院などで身長を測定することが出来る場合もあるので、現在の身長を測りなおしてみるのもいいでしょう。
また、体重は一日のうちでも時間によって変化しますので、毎日同じ時間に測定するようにしましょう。

check

2014/10/30 更新